• people

  • 株式会社Staple
  • 株式会社Staple
  • 株式会社Staple
  • 株式会社Staple
  • 出逢いから分岐していく
    未来へのワクワク

    徒歩圏内のご近所の30年先を本気で考えること、地域を新たな世界線へ乗せるほどのインパクトをもつ場を創出すること、地元のお客様といつもの挨拶を交わすこと、そのご近所を代表して旅行者の水先案内人になること。Stapleが創り出す「こと」の全てはその時、その場所、その人でなければ起こしえない奇跡なようなものでなければならないと思っています。

    活動のフィールドはいくつかのご近所や地域に限定しますが、そこで「なに」を「どのように」やるかはStapleが誰と出逢い、長い時間を共にするなかで同じ釜の飯を食い、どのような話をし、仕事をしていくのかで有機的に変わっていくべきだと常々、思っています。

    そんな有機的に形を変えていくStapleは現在2つのプラットフォームで構成され、相互作用しながら、二人三脚で前進を続けています。

staple組織図

原 寛斗 | HIROTO HARA

1997年、愛知県あま市育ち。多くの物事をポジティブに捉えてしまう性格。そのせいで壁にぶつかることもしばしば。大学卒業と同時に地元を離れ、横浜市の教諭として小学生と共に学んできた。常に主語を”子供”にすることを意識し、学習活動にあたっていたが、生涯の中で関われる人数の限界を感じ、Stapleへの転職を決意した。Stapleでは、労務周りの業務を中心に、各チームを繋ぎ止めていくネジのような存在でありたいと考える。湘南に住み、休日はHarleyに乗る生活をしているが、過去のトラウマから海に入るのは少し怖い。

水越 海太 | KAITA MIZUKOSHI

1999年 東京生まれ。畑に囲まれた千歳烏山育ち。大学・大学院で建築を学び卒業。卒業間近で川口さんとの縁で模型バイトを始める。アルバイト中たくさんの人に話かけて頂き建築だけをやっていては築けない温かい人の繋がりを感じ株式会社Stapleへ入社。大学に入ってから現在まで毎日家計簿をつけるほど几帳面です。が基本的にはめんどくさがりで効率良い方法を試行錯誤してる内に時間がすぎることもしばしば、、趣味は球技とピンバッジ集め。

谷野 夏羽 | NATSUHA TANINO

2001年、岡山生まれ岡山育ち。瀬戸内の温暖な気候とは相反する、せっかちな性格。高校卒業と同時にスタートアップ企業で3年間のインターンを経て、地元の宿泊施設の開業に携わり、ホテル業界の奥深さを知る。さらなる勉強のために、支配人育成プログラム GM GYM事務局を2期に渡り経験。23年8月から株式会社Stapleでインターンを開始し、大学卒業後、新卒で入社。議事録取りと、球拾いは得意。好きなものは、空と海。草花と着物は勉強中。

狩野 宜子 | SUMIKO KANO

千葉県生まれ。
田畑に囲まれた、のどかな自然の恩恵を受けながら育つ。お米と温泉大好き人間。
結婚を機に、大都会「東京」に移住。長いホームシック期間を経て、現在、ママとして男児の
正解のない子育てに毎日奮闘中。Stapleでは経理アシスタントとして日々勉強中。
好きなことは、香りの空間プロデュース、ミシンで服や小物作り、かごバッグ作りなど無心に
なりものづくりで没頭。泳ぐ、歩く「動」の時間も自らのバイオリズムに欠かせない。
自分を取り巻く環境すべてに感謝し、巡り会う方々との調和のとれた笑顔の時間を大切に生き
ていたい。

廣海 佳子 | YOSHIKO HIROMI

東京は茅場町生まれ。
小さな酒屋を営む祖父や父の姿を眺めながら、7人の家族に囲まれて賑やかに育つ。
大学では日本美術史を専攻。江戸時代初期の大画面絵画、いわゆる屏風や襖絵などを対象に学ぶ。
いまは亡きヒト(制作者や依頼者)との対話を、モノ(絵画や文献)を通して楽しんでいた。
また、飲食業での接客の楽しさに初めて触れたのもこの頃で、店に立ち、お客様やスタッフと接する時間は自分の生活においてとても大切な一部であると感じるようになる。
大学卒業後、一度は新聞社に就職するも、退社。
「新鮮な野菜や穀物を使ったシンプルでナチュラルな料理」をコンセプトに2002年にパリで開業したRose Bakeryの日本1号店で働き始める。朝・昼・夜と、どの時間帯に訪れても変わらぬ心地よさがある店づくりは、今でも自分にとって理想のひとつ。その後、いくつかの飲食店を経験しながら現職。
休みの日に足が向きがちな場所は、海や川のある街、蕎麦屋、喫茶店、お花屋さん。
成城大学大学院 美学美術史博士課程前期 修了

伴 恵里香 | ERIKA BAN

埼玉県さいたま市育ち。新卒入社したアパレル会社を退職後、貯めたお金でChelsea College of Arts Londonへ短期留学・ヨーロッパを1人旅する。そこで感じた表現や在り方の多様性、人が集まり良いとされる空間構成の法則が気になる。帰国後、世界中から人が集うBackpacker’s Japanが運営するゲストハウスに勤務しその傍ら専門学校でインテリアデザインを学ぶ。キャリアの途中では、興味のあった水回り設備メーカーTOTO株式会社でエンドユーザーへ向けた商材の提案・新築改修工事のコンサルティング業務をおこなった。今でも新作のトイレ、各施設のトイレ空間をチェックし一人唸るトイレオタク。その後内装設計デザイン会社へ入社。デザインコンセプト・什器家具の設計やFFE・OSE選定業務を経て、空間を構築している様々な要素にストーリーがあることはもちろん日々現場を演出している“人”が健康で自分らしくあれる場が好きだと気づく。将来は自然に囲まれた家で暮らし、愛犬と毎朝散歩するのが夢。

柳内 幸子 | SACHIKO YAGIUCHI

静岡生まれ。美容師を志し、美容専門学校を機に上京。広尾、麻布十番などに店舗を構えるサロンで修行をつむ。都内数店舗を経て、葉山のオーガニックサロンでは店長を勤め、その後フリーランスとして独立。約20年の美容師人生を送る。
三浦半島への移住をきっかけに、感じるものやコトが一変する。移住した先の漁師町は、地元の人と、新たな流れを生み出そうとしている移住者との独特の空気感にふれ、我が子たちの"地元"になる街をおもしろくしたいと思うようになる。「まちづくり」というものに興味を持ち、フリーランス美容師の傍ら、空間デザインの学校へ通う。
日本の文化を次世代につないでいきながら、新しいものへと変化させる仕事に携わりたいと転職を決意。色々な方とのご縁があってStapleへ入社。現在はSoil work in Akiya Villageにて、コミュニティマネージャーを担当。

川口 貴之 | TAKAYUKI KAWAGUCHI

宮崎生まれ。横国 建築学コース卒。一級建築士。
大学卒業後、住宅メーカーで設計を5年経験後、建築や場作りはプロジェクトのスタート地点で方向性が決まると思うようになりUDSへ転職し、企画を学ぶ。ホテル、シェアオフィス、商業施設、シェアハウス、コンプレックスビル、など、様々なプロジェクトを企画し、開業まで一気通貫で担当。傍らで地元宮崎の店舗デザインやグラフィックデザインを手掛ける。
好きなものは、とんかつ、焼酎。

島津 恵理奈 | SHIMAZU ERINA

広島県生まれ。
温厚な瀬戸内海で高校までのびのびと育つ。
大学卒業後、Uターンで地元金融機関にて働き、観光大使も実は1年限定でやっていたり。
故郷のあるありがたさに感謝しながらも、少しの刺激を求め25歳で上京を決意。当時の私の行動力にはずっとずっと感謝している。
上京後は、学生時代から関心のあった空間やインテリア、不動産に関連した企業へ就職。
撮影用小道具のリースショップの運営・バイイングやリノベ、シェアオフィスの企画・法人営業、ラグジュアリーホテルのOSE選定など
現在は、Soil workのコミュニティマネージャーとして運営と向き合う毎日。
好きなことは、精油とお花、ヨガとストレッチ、書く行為と書体。最近は自転車のカスタムに興味深々。
美しいものに触れる時間を大切にしたい今日このごろ。

小見山 菜摘 | NATSUMI KOMIYAMA

岐阜県羽島市育ち。
大学ではマネジメントを中心に経営、経済、政治、法律を学ぶ。学業の傍ら4年間ブライダルのサービススタッフを経験。また、学生時代から地元の設計事務所が主宰しているマルシェのボランティアに参加。人と人が繋がり合う場をつくり、年々まちが面白くなっていくことに興味を持ちながらも、地元の金融機関に就職。5年間、窓口や後方事務で主に銀行業務に従事。共済、投資信託、融資の受付、事務処理、販売も担当。まちづくりへの思いが捨てきれず、金融機関を退職後上京し、1年間空間デザインを学ぶ。その後、まちづくりのコンサルを行っている建築事務所を半年間手伝い、現職。職人さんのものづくりの過程やこだわりに関心があり、モノやヒト、コトを繋ぎ合わせる仲介役として場づくりやものづくりをしていきたいと日々奮闘中。幼い頃から家族で旅する時はホテル泊よりテント泊をするアウトドア一家に育ち、社会人になってからは自然を求め登山もしている。祖母にお茶会や華展に連れて行ってもらった経験から、茶華道や書道を習い、日本文化に興味を持つ。最近の休日は、作家さんの個展を観にギャラリーや美術館巡りをしている。

岡 雄大 | YUTA OKA

株式会社Staple 代表取締役

岡山に生まれ、米コネチカットと東京で育つ。育つ過程で触れた世界の多様性や、旅をする中で触れた日本の地域毎の文化的ルーツの複雑性に魅了され、旅をし続けることを仕事にしたいと考えるようになる。大学卒業後は、スターウッドキャピタルグループの東京及びサンフランシスコオフィスで不動産やホテルブランドへの投資業務に従事。その後シンガポールで独立し、ホテルブランドへの投資戦略や経営企画に関するコンサルティングを行うが、2019年からはStapleの本格稼働を開始。広島県 瀬戸田と東京都 日本橋に拠点を置き、都市一極集中ではない社会を見据えた場やまちの企画・開発・運営に情熱を燃やす。仕事をしていない時はスノーボードかバスケかお酒。山大好き。海は好きだけど泳げない。
早稲田大学 政治経済学部 卒業

小林 亮大 | RYOTA KOBAYASHI

株式会社Staple 取締役
株式会社しおまち企画 代表取締役
慶應義塾大学在学中に休学をし、世界一周の旅へ。大学卒業後は、Insitu Japanへ入社(現 Staple)。2020年にSOIL Setodaの開発責任者として尾道市瀬戸田に移住。直近では、Aoshima Beach Village (宮崎県青島市)の開業PMを担当、2022年7月には尾道駅内の新店舗カンキツスタンドオレンジ を開業。2022年8月より瀬戸田での地域創生を推進する株式会社しおまち企画の代表取締役に就任。ビールときのこが大好物。最近はフィルムカメラを持ち歩いている。

黒木 涼 | RYO KUROGI

株式会社Staple
南国宮崎生まれ。大学時代はさらに南の鹿児島で過ごす。大学卒業後は、構造設計士としてキャリアをスタートし、2016年に一級建築士を取得。その後、設計事務所に転職し、総合病院やクリニックなどの医療・福祉施設の意匠設計を5年経験する。仕事の傍ら、人との関りがより濃い場所でものづくりの感覚を味わいたいと思い、DIYの現場や解体現場に関わるようになる。SNSを見て飛び入り参加したSOIL Nihonbashiの解体ワークショップをきっかけに、2023年Stapleに参画。主に企画・開発を担当。
海も山も好き。山ではULハイカー。サーフィンは練習中。2022年にアメリカのJohn Muir Trailをスルーハイク。最近ほしいものは畑。
鹿児島大学大学院 理工学研究科建築学専攻 修了

カンキツスタンド オレンジ / 気まぐれスタンド DAIDAI

(左)
芳賀 智子 | SATOKO HAGA, 気まぐれスタンド DAIDAI
SOIL Setodaを訪れたことをきっかけに、尾道に惚れ込み東京から即移住を決意。2022年〜尾道在住。フルリモートで本職を続ける傍ら、持ち前の明るさとコミュ力を活かし、週末の夜は店長として気まぐれスタンドのカウンターに立つ。話すこと、笑うこと、飲むことが大好き。

(右)
岡野 爽 | SAYAKA OKANO, カンキツスタンド オレンジ
因島出身。大学から東京に進学し、その後も東京でハウスメーカーに就職するも、地元でまちづくりに関わりたいという思いから、尾道にUターン。現在は、カンキツスタンドのマネージャーとして、どうしたらより多くの人に瀬戸田の柑橘の魅力を伝えられるかを考えながら、日々躍動している。大学時代は体育会のヨット部で活躍した。

安間 淳 | JUN AMMA

1989年静岡県生まれ。 高校卒業後、大阪の辻調理師専門学校にて学ぶ。 20代は料理の世界に身を置き、大阪の老舗洋食屋、フレンチレストラン等に勤務。イタリア、 フランスにも渡り、現地レストランで研修。 30歳になる直前、東京で飲んだワインに衝撃を受け、上京を決意。 2018年11月より、外苑前のワインショップにて勤務を開始。 在籍中にJ.S.A. ソムリエとジャパンビアソムリエを取得。さらに、約1年間、岡山県のワイナリーに出向し、ブドウの栽培とワイン醸造について学ぶ。 帰京後は、新店舗の立ち上げに携わる。 退職後、WSET Level 3 Award in Wines を取得。 2023年10月よりヨーロッパに留学。留学中、14か国を巡り、ワイナリーを訪れるなどしてヨー ロッパの食文化を探求。
趣味、食べ歩き、旅。

中川 知子 | TOMOKO NAKAGAWA

株式会社Terrain, COO
大阪生まれ。全国大会優勝を目指しテニスに没頭してたスポ根中高時代、人前で踊ってばかりの大学生活を経て、株式会社Plan・Do・Seeにてウェディングプランナーとしてキャリアをスタート。その後は、アンダーズ東京、外務省対外発信事業JAPAN HOUSE LA、新虎通り活性化プロジェクトスペースの開業準備から運営に携わる。2019年11月の開業準備よりStapleにK5 初代General Managerとして参画。NOT A HOTEL MANAGEMENT株式会社の執行役員への出向を経て、現在は、Staple社内文化の構築、浸透、人事などのコーポレートオフィス領域を担当。健康オタク、なのにお酒、美食をこよなく愛する。日々の癒しは愛猫のカツオとピラティス。特技は何でもコント化して笑い飛ばすこと。
甲南大学文学部社会学科 卒業

SOIL Setoda

(左から)
村田 瑞月 | MIZUKI MURATA, 株式会社しおまち企画
越智 圭由 | MAYU OCHI, 株式会社しおまち企画
竹内 祐子 | HIROKO TAKEUCHI, 株式会社しおまち企画

SOIL Setoda

(左から)
村田 瑞月 | MIZUKI MURATA, 株式会社しおまち企画
竹内 祐子 | HIROKO TAKEUCHI, 株式会社しおまち企画
山下千彩貴 | CHISAKI YAMASHITA, 株式会社Terrain, Overview Coffee Japan

SOIL Setoda

(左から)
谷平 亮 | RYO TANIHIRA
鈴木 慎一郎 | SHINICHIRO SUZUKI
籠田 亜紀 | AKI KAGOTA

HOTEL K5

(左から)
園部 優樹 | YUKI SONOBE, 株式会社Staple
渡邊 加奈子 | KANAKO WATANABE, 株式会社Staple, K5 General Manager
ドナ ホアキン | DONNABEL JOAQUIN, 株式会社FERMENT

園部 優樹 | YUKI SONOBE

株式会社Staple マネジャー
茨城生まれ茨城育ち。シティボーイと思われがちな田舎っぺ。
大学では観光学を専攻。イギリス、フランス、カナダでの交換留学を経験。卒業研究では、地域観光のソーシャルメディア・ブランディングについて研究。2020年、開業チームとしてK5 のフロントスタッフとしてStapleに入社。その後フロントスーパーバイザーとアセットマネジメントを担当。現在は運営から離れ企画開発にうつり、転職したような気持ちで日々がむしゃらに奮闘中。甘いもの(とくにチョコレート)があれば頑張れる。趣味はお散歩しながら日常に潜む小さなハッピーを見つけること。
立教大学 観光学部 卒業

清永 真紀 | MAKI KIYONAGA

株式会社Staple マネジャー
熊本生まれ熊本育ち。大学卒業後、地元企業にて総務・経理などのバックオフィス業務を担当。変化が怖すぎて&九州が好きすぎて九州を離れて暮らすことはないだろうと思っていた30歳の冬(遅い)に憧れの地ロンドンへ。大学での学びや現地での日々の生活の中で、自分の心の動く人・モノ・時間の中で過ごすことを選びたいなと思い、帰国後は上京し、ロンドンの大学への留学コンサルティング、内資・外資のホテルにて経理業務を担当する。2021年にStapleに入社し、現在は、コーポレート部門にて主に経理・会計を担当。
西南学院大学 経済学部 卒業
Communities, Organisations, and Social Change MA, City University London

後藤 美沙 | MISA GOTO

株式会社Staple ディレクター
横浜生まれ逗子育ち。大学在学中、アメリカでの交換留学生活を経て日本の街作りの面白さに気づき、大学卒業後デベロッパーの三井不動産に入社。投資顧問REIT運用部に配属されるも、手触り感のあるヒューマンスケールな街づくりへの興味が増し、退職。2017年UDS株式会社に入社し、由縁新宿・代田・札幌などホテルの企画開業をはじめとした場のプロデュースを行う。K5内覧会で衝撃を受け、2021年にStapleに入社し、事業企画開発を担当。
最近では好きが高じてアートや備品など空間を彩るアイテム選定やディレクションも行う。
根っからのアクティブで趣味は月1の登山、キャンプ、ヨガ、旅、家具・アート収集。
そして三度の飯より何よりもビールが好き。
早稲田大学法学部卒

鈴木 慎一郎 | SHINICHIRO SUZUKI

SOIL Setoda Manager / しおぶら兄
福島生まれ。レペゼン東北。地元の先輩に憧れながら背伸びした青春時代を過ごす。地元福島のCurry Dining Bar笑夢でシェフとしてキャリアをスタート。その後、株式会社Backpackers' Japanの「toco.」「Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE」で宿泊と飲食の運営に携わる。
2020年瀬戸田に移住。現地に根付き、ローカルの中と外を繋ぐ役割を担う。SOIL Setodaの開業準備から運営を構築し、現在もManagerを務める。好きな人たちと好きな場所で好きなお酒を飲み続けることに人生を費やしたい。特技はカレー。
福島大学経済学部 卒業

名部 絵美 | EMI NABE

株式会社しおまち企画 PR地域連携
広島生まれ。大学在学中はアメリカやヨーロッパ、東南アジアを旅し、多様な人種、文化に触れることで自身の視野が広がる体験に魅せられる。卒業後は地元の銀行に就職するも、海外への興味を捨てきれず渡米し、Walt Disney Worldでインターンに参加。帰国後はAmanemuの開業と運営に携わる。2018年にWeb業界に飛び込み、SEO & Webマーケティングを担当。NEW STANDARD株式会社のEditor & Growth Managerを経て、コロナを機に2021年に因島へ移住、フリーランスとして独立。自身のブランドcomorebi farmを立ち上げ、農家の傍らフリーのPR & SNSストラテジストとして活動。その中で出会ったStapleのメンバーや事業内容に魅せられ、PR & Brand ManagerとしてStapleに参画。健康オタクでフレキシタリアン。サンセットハンター。日没の時間帯は連絡が取れなくなります。
中央大学 法学部 卒業

Parklet

(左から)
高橋 真人 | MASATO TAKAHASHI, 株式会社Terrain
田原 奈緒 | NAO TAHARA, 株式会社Terrain
青木 澪奈 | REINA AOKI, 株式会社Terrain

Parklet

(左から)
早乙女千賀 | CHIKA SAOTOME, 株式会社Terrain
森脇こと美 | KOTOMI MORIWAKI, 株式会社Terrain

Parklet

(左から)
久保木 舞 | MAI KUBOKI, 株式会社Terrain
鎌田 萌 | MOE KAMATA, 株式会社Terrain

Parklet

(左から)
ケイト・ジャクシッチ | KATE JAKSICH, Parklet Co-owners
ジェリー・ジャクシッチ | JERRY JAKSICH, Parklet Co-owners

渡邊 加奈子 | KANAKO WATANABE

Director/K5 General Manager
茨城生まれ茨城育ち。4世代に渡りホテルを営む家元に生まれ、ホテルで育つ。ロビーのゲストは大体友達。家族と毎年多くのホテルや旅館を訪れたことで、自身もホテルに携わりたいと考えるようになり、高校卒業後はホテルスクールへ入学するために上京。
その後、大手ホテル・旅館に就職し夢を叶えるも、オペレーション業に挫折、夢半ばで単身東南アジアに渡り、リテールビジネスを共同で設立、50名以上の外国人スタッフ育成、店舗ブランディング、空間デザイン、他店舗展開に従事。
海外で開発側に携わったことで、ホテルも表舞台だけではなく裏舞台を作れることの可能性を感じ、帰国後の2019年10月よりHOTEL K5の開発プロジェクトマネージャーとしてStapleに参画。2021年6月より、同ホテルの General Managerを務め、未来の新しいホテル業界を築くため、チームと共に日々奮闘中。
日本ホテルスクール 卒業

HOTEL K5

(左から)
ドナベル ホアキン | DONNABEL JOAQUIN, 株式会社FERMENT
佐々木 良子 | RYOKO SASAKI, 株式会社FERMENT
田嶋 香奈 | KANA TAJIMA, 株式会社FERMENT

HOTEL K5

(左から)
キム ソヒョン | KIM SEOHYON ,株式会社FERMENT
ドナ ホアキン | DONNABEL JOAQUIN, 株式会社FERMENT
田嶋 香奈 | KANA TAJIMA, 株式会社FERMENT

HOTEL K5

(左から)
井上 宗彦 | MUNEHIKO INOUE,株式会社FERMENT
松戸 雄紀 | YUKI MATSUDO, 株式会社FERMENT

ページ上部へ戻る

TOP